ぺルビックセラピー・ゴムバンド健康法は飯田橋内科歯科クリニックへ
HOME>歯科治療

審美歯科

審美歯科とは
ホワイトニングやラミネートべニア、オールセラミックインレー・クラウン、補綴矯正等、歯の色や形、歯並びをご希望に合わせて短期間に改善します。
被せ物を・・・・
オールセラミッククラウン
Before   After
⇒
天然歯と同じような美しさが得られます。
金属を使わないため、歯ぐきまわりが黒くなりません。
アレルギーがない。
金属と同程度の強度。
技工士さん立ち会いのもとで、歯の色やデザイン等のご希望をお聞きすることもあります。
 
詰め物を・・・・
ハイブリッドインレー
Before   After
⇒

笑った時に「チラッ」と見える銀歯によって損なわれる好感度。

白くすることによって美しいスマイルラインをとり戻せます。

金属と同程度の強度をもつハイブリッドセラミックスを使用することにより従来のプラスチック材料と比べ、格段に高い強度と美しさが得られます。

 
歯の色が気になる -歯の着色の場合-
エアーフロー
Before   After
⇒

歯の着色とは、タバコのヤニや茶シブ、ワインやウーロン茶などの色素が歯の表面に沈着した状態をさします。器具・器械を使って除去すると、歯の表面に細かいキズを付けてしまい、さらに汚れが着きやすくなってしまいます。
エアフローは微細な粒子を汚れに吹き付けて除去する方法です。
歯を傷つけることなく、器具が届かない歯間部の汚れまできれいに取り除き、ご自身の本来の歯の色を蘇らせます。

 
歯の色が気になる -歯の変色の場合-
ホワイトニング
Before   After
⇒

歯の変色は、加齢や薬剤等の作用により歯の色自体が変化してしまったもので、着色と異なり表面をクリーニングしても改善しません。

ホワイトニングには、患者さんご自身で行うホームホワイトニングと歯科医院でレーザーや強い光線を使ったオフィスホワイトニングがありますが、当クリニックでは、術後の不快症状や副作用の少ないホームホワイトニングをお勧めしています。
ホームホワイトニングは後戻りが少なく、また不自然に白くなり過ぎることもない、ご自身でコントロールできる方法です。

 
歯の色が気になる -強い変色・歯の間に隙間がある場合-
ポーセレンラミネートべニア
Before   After
⇒

小児期に使用した薬物等の影響により、著しく歯の色が変色し、ホワイトニングでは対応できない場合、歯のおもて側の表面だけを薄く削り、セラミックで作った薄い歯を削った部分に接着することにより見た目を改善する方法です。
また前歯の歯と歯の間に隙間が空いているような場合も、この方法で改善できます。

 
矯正装置を使わず短期間の歯並びを良くしたい
補綴強制
Before   After
⇒

歯並びが乱れていて口元のイメージを改善したいけれど、長期間矯正装置を入れ続けることに抵抗がある。
そんな場合には、セラミックのブリッジやクラウンを使って、短期間で見た目を改善する方法がお勧めです。