ぺルビックセラピー・ゴムバンド健康法は飯田橋内科歯科クリニックへ
HOME>歯科治療

インプラント

インプラントとは
虫歯や歯周病、不慮の事故などで失ってしまった永久歯は二度と戻ってきません。
もし、もう一度歯が生えてきたら、こんなに嬉しいことはありません。
インプラントはそれを実現できる画期的な治療法です。
歯を1、2本失った場合
ブリッジや入れ歯という方法もありますが、デメリットも無視できません。
歯を1,2本失った場合
↓ ↓ ↓
歯を1,2本失った場合 歯を1,2本失った場合 歯を1,2本失った場合

両サイドの健康な歯を削ります。
支えている歯に大きな負担がかかります。

毎食後取り外して洗う必要があります。
金具が見えてしまいます。

歯を削る必要はありません。
他の歯に負担がかかりません。
取り外しの必要はありません。

 
 
複数の歯を失った場合

一番奥の歯や多くの歯を失った場合は、ブリッジでの対応は困難です。

歯を複数本失った場合
↓ ↓ ↓
歯を1,2本失った場合 歯を1,2本失った場合 歯を1,2本失った場合

ブリッジは作れません。

異物感があり発音や味覚に影響が出ます。
不安定でよく噛めません。

失ってしまった歯が復活します。

 
オリジナル インプラント小冊子 無料進呈中!
「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」これらの3つの治療方法は、治療した時点に於いて「噛めるようにする」という意味からすれば、どれも正解です。しかしその先、数年~10数年の間に大きな違いが出るという事が重要なポイントです。

ブリッジも入れ歯も、それを維持するために支えになる歯に大きな負担がかかり、その結果として支えになった歯を失った(抜歯になる)症例を私達は数多く見てきました。

長い目で見て、自分自身の歯をできるだけ多く残すことが快適な食生活、そして消化器系への負担軽減という全身の健康につながるのです。可能ならばインプラントを最優先に考えるのが良いでしょう。

詳しくは、当院オリジナルのインプラント小冊子をご覧ください。

インプラントメーカーの冊子のような機能の説明ではなく、インプラントがなぜ必要なのか?どう考えれば良いのか?を当院の理念と経験に基づいて、患者様に向けて作成した小冊子です。





ご請求に当たり、プライバシーポリシーをご確認ください。
>>プライバシーポリシー