ぺルビックセラピー・ゴムバンド健康法は飯田橋内科歯科クリニックへ
HOME>歯科治療

歯列矯正

歯列矯正とは

イメージダウンにつながる八重歯や乱杭歯、受け口等を、ワイヤーやスプリングを利用し、歯を理想的な位置に移動させて改善する治療法です。
目立たない透明ブラケットや、歯の裏側から行う方法もあります。

Before

矯正治療は見た目を重視するあまり、最終的な噛み合わせのバランスをとらずに終了となるケースが多く、治療後5年~10年たってからアゴの痛みや肩こり、手のしびれ等の症状で当院の内科を受診する患者さんが増えています。

当院では医科と連携し、アゴや全身の骨格のバランスとの調和をとりながら治療を進めています。

歯並びを改善するという事の意味
1. 歯並びを良くすることで、本人の自信につながります
2. ブラッシングがやり易くなり、虫歯や歯周病のリスクが低下します
3. 食べ物を良く噛めるので胃腸に余分な負担を掛けなくてすみます
4. 噛み合わせが原因で顎が痛い、顎の運動が十分にできない、というケースで腰痛・肩こりなどの
不快症状を伴う場合には、当院の整体と併せて治療することで改善を図ることが可能です  
よくある症例

下の3例は、歯の表面に器具を取り付ける方法ですが、器具が目立たない「舌側矯正」という方法もあります。

但し、いろいろな制約があり、どなたにも可能な方法ではないので、ご興味のある方はお尋ねください。
その他にも、一部の歯が傾斜しているのを部分矯正で起こした後にブリッジやインプラントの処置を施す、という治療も行います。

  Before   After
叢生 ⇒
上顎前突 ⇒
反対咬合 ⇒
 
治療期間と費用について

矯正は時間もかかるし、費用も高額です。
決断するまでに十分な説明と相談の時間をご提供します

口腔内診査と相談

どのような症状なのか?虫歯は無いか?
ここまでは保険扱いで診断が受けられます。
その場で担当Drが矯正治療の概略を説明します

保険の自己負担のみ
(矯正相談料 3,150円)

矯正診断

矯正用レントゲン撮影・精密計画の立案、治療方法および費用が決まります。

この時点で患者さんの意思決定が必要。

矯正診断料

31,500円

矯正治療期間

(平均的には2年位)

歯に矯正装置を取り付け、歯を動かす期間。
月1回程度の来院で、器具の調整を繰り返します。

難易度により
(上下で)

60~80万円

調整4,200円/回

メンテナンス期間

(平均2年前後)

きれいに並んだ歯が元に戻らないように、定装置を使用して維持する期間。

簡単な保定装置

3~5万円

調整3,150円/回