ぺルビックセラピー・ゴムバンド健康法は飯田橋内科歯科クリニックへ
HOME>歯科治療

咬合治療

咬合治療とは

アゴのゆがみやカラダの骨格のアンバランスから起こる全身の諸症状を、医科・歯科・手技療法科が連携して行う、当院独自のペルビックセラピーにより改善します。
一般的な歯科のみによる咬合治療とは異なり、医科による診断とフォローアップおよび整体によるサポートを行います。

 
 


現在、成人の46%に異常があるといわれている噛み合わせのアンバランスや顎関節症。
噛み合わせが狂うと、アゴの痛みや肩こり、頭痛、目の疲れ、難聴、手のしびれ、気力の低下等、様々な全身症状へと波及していきます。
またアゴのゆがみは全身の骨格のバランスの崩れが強く関係している場合が多く、歯科だけで改善できるケースはごく一部に限られます。
当院では医科、歯科、手技療法科が連携してエビデンスに基づいたフォローアップを行いながら噛み合わせを再構築していくという、他に例を見ない方法で改善を目指します。

アゴと頭蓋骨のゆがみの診断

X線診断、模型分析などによりゆがみのタイプを分類します。

頸椎の診断

X線撮影により頸椎(首の骨)のゆがみのタイプを分類します。

治療計画

医科による骨盤の診断結果をふまえ治療計画を立案します。

カウンセリング⇒治療開始

カウンセリングで治療方法、期間、費用等の説明を行い、患者さんと相談の上、治療を開始します。