ぺルビックセラピー・ゴムバンド健康法は飯田橋内科歯科クリニックへ
HOME>Q&A

Q&A

不定愁訴(腰痛、足のしびれ、肩こり首のこり)などにはどうすればよいですか?
まずお医者様を薦めます。
整形外科でリスク(危険性)のある病気あるいは変形など調べていただくべきです。内科的な診察もよいでしょう。整形外科的な病気(例えば、腰椎椎間板ヘルニア、頸椎ヘルニアなど)と内科的病気(胆石、癌性腰痛)に対して適切な指示があります。薬は第一です。腰痛体操や牽引あるいはそのほかの指導もあると思います。また手術の必要な症例もあるでしょう。 私たちの考えるバランス医歯学におけるペルビックセラピー(骨盤療法)とゴムバンド健康法は適正に行う限り現代医学と相反するものではないのです。バランスを取り得るものを悪いという人はまずいないと思います。ですから、西洋、東洋、代替、相補医学の上で数値のデータに基づいたバランス医歯学は立脚すると考えます。
腰痛に顎の噛み合わせって関係しますか?
関係していると考えられます。
骨盤の仙腸関節と顎の顎関節を家に例えると、仙腸関節は土台、顎関節は屋根となると私たちは考えています。それに人間の成長を考えると顎の発育の方が先にでき上がりますので、バランスを取るときにはこの二つに注目しているわけです。骨盤の仙腸関節だけでは全身の不定愁訴がどうしても改善しないことも多く見られますし、顎のバランスを補正れば色々直るといって法外な料金を取る歯科医師なども存在します。冷静に考えて選択することをおすすめします。